住宅新報社|モバイルサイト

ご利用規約

第1条(定義)

本規約において使用する用語の定義は、以下のとおりとします。

「弊社」とは、株式会社 住宅新報社のことを指します。
「本サイト」とは、住宅新報Mobileのことを指します。
「本サービス」とは、本サイトが提供する全てのサービスのことを指します。
「ユーザー」とは、本サイトを利用する全ての利用者のことを指します。


第2条(本サービスの利用)

1. ニュース本文の閲覧には、弊社が発行する新聞『住宅新報』の読者コードが必要です。新聞定期購読ご解約後は利用できません。
2. 携帯各キャリア・機種および設定により、ご利用いただけない場合があります。
3. 本サイトは携帯電話のみのご利用となります。パソコン及び携帯フルブラウザではご利用できませんのでご注意ください。


第3条(知的財産権等)

1. 本サービスを構成する素材(文字、写真、映像、音声等を指し、以下「コンテンツ素材」といいます)に関する一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は弊社又は当該権利を有する第三者に帰属しています。
2. ユーザーは、コンテンツ素材について、一切の権利を取得することはないものとし、権利者の許可なく、所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等、コンテンツ素材に関する全ての権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。
3. 本条の規定に違反して問題が発生した場合、ユーザーは、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、弊社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。


第4条(禁止事項)

1. ユーザーは、本サービスの利用にあたって、以下各号の行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
(1) 弊社又は第三者の所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等の正当な権利を侵害する行為
(2) 他のユーザー又は弊社もしくは第三者に不利益、損害を与える行為
(3) 公序良俗に反する行為
(4) 法律、法令等に違反する行為
(5) 弊社の承認がないにも関わらず、本サービスに関連して営利を目的とする行為
(6) 本サービスの運営を妨害する行為
(7) 本サービスの信用を失墜、毀損させる行為
(8) 虚偽の情報を登録する行為
(9) ユーザー登録希望者又はユーザーの登録情報等を不正に利用する行為
(10) その他、弊社が不適切と判断する行為
2. 前項の場合において、弊社が何らかの損害を被った場合、ユーザーは弊社に対して損害の賠償をしなければならないものとします。


第5条(本サービスの停止・中止)

1. 弊社は、以下各号の事由に起因する場合、本サービスの全部又は一部を停止することができ、当該事由に起因してユーザー又は第三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。
(1) 定期的又は緊急に本サービス提供のためのコンピューターシステムの保守・点検を行う場合
(2) 火災・停電、天災地変等の非常事態により本サービスの運営が不能となった場合
(3) 戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等により、本サービスの運営が不能となった場合
(4)本サービス提供のためのコンピューターシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルスの感染等により本サービスを提供できない場合
(5) 法律、法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合
(6) その他、弊社が止むを得ないと判断した場合
2. 弊社は事前に電子メール等によりユーザー及び第三者に通知することなく、本サービスの内容又は名称につき変更することができるものとします。これによりユーザー又は第三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。


第6条(免責)

1. 弊社は、本サービス内容により発生あるいは誘発された損害、情報の利用により得た成果、又は、その情報自体の合法性や道徳性、権利の許諾、正確さについて、一切の責任を負わないものとします。
2. 弊社は、広告情報の内容が、ユーザー又は第三者の権利を侵害し、又は、権利の侵害に起因して紛争が生じた場合、その侵害及び紛争に対して何らの責任も負わないものとします。
3. 弊社は、ユーザーが使用するコンピューター、回線、ソフトウェア等の環境等に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。なお、弊社は別途定める方法により、ユーザーに対して当該環境等について告知することがあります。
4. 弊社は、本サービスの停止又は中止、サービス内容の変更によって受ける損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
5. 弊社は、本サービス及びパートナーメディアならびに広告主を含む第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピューターウイルス感染等により発生した、コンピューター、回線、ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
6. 弊社は、本サービスを通じて行われた広告主を含む第三者とユーザーとの取引(懸賞等のプロモーション参加を含む)について、一切の責任を負わないものとし、全ての取引は当該第三者とユーザーの責任においてなされるものとします。
7. 弊社は、本サービスに関し、遅滞、変更、停止、中止、廃止、及び本サービスを通じて提供される情報等の消失、その他本サービスに関連して発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
8. 本条その他本規約のうち弊社のユーザーに対する損害賠償責任を免責する規定が、消費者契約法その他の法律により無効と判断された場合であっても、弊社が負担すべき損害賠償の範囲は、当該ユーザーが直接被った通常の損害に限られるものとします。


第7条(規約改訂)

1. 弊社は、随時本規約を改訂することができるものとします。
2. 前項に基づき、本規約が改訂された場合は、変更後の内容が直ちに適用されるものとし、ユーザーと弊社との間で改訂後の規約の効力が発生するものとします。
3. ユーザーは、前項に定める効力発生の時点以降、当該内容の不知又は不承諾を申し立てることはできないものとします。


第8条(協議・管轄裁判所)

1. 本サービスに関連してユーザー、弊社、第三者との間で疑義、問題が生じた場合、都度誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
2. 前項の協議によっても疑義、問題が解決しない場合、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。


トップへ戻る
不動産用語集

住宅新報社
copyright(c)
2009住宅新報社