住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/6]
住宅展示場を「VR」化、大手ハウスメーカー参画 ギガプライズなど

 ギガプライズ、エイトノットアンドカンパニー、ナーブは8月10日に、大手ハウスメーカーのモデルハウスを360度VR(仮想現実)で体感できる「イオンハウジングVR住宅展示場イオンモール幕張新都心店」(千葉市美浜区)をオープンする。

 現状のモデルハウスを取り巻く環境は、情報収集の方法が多様化し、来場者数の減少、展示場の運営コストの負担増など、大きく変化している。今回、3社は、そうしたハウスメーカーと来場者にある課題を解消し、効率的に各社の住まいを見学できるようにした。出展するハウスメーカーは、旭化成ホームズ▽積水ハウス▽大和ハウス工業▽東京セキスイハイム▽パナソニックホームズ▽ミサワホーム▽三井ホーム(50音順)となる。


他のニュース

ホテル「相鉄フレッサイン 鎌倉大船駅東口」が11月1日開業

横浜市、日産自動車と地域活性化等で連携

三菱地所、「xTECH(クロステック)ウェブサイト」を開設

社員同士のナレッジ共有SNS機能をリリース KIYOラーニング

7月の首都圏マンション発売戸数、35%減 不動産経済研

19年度宅建試験 申込者数が前年から約1万人増加

7月の都心5区オフィス空室率、14カ月連続で1%下回る  三幸エステート

第2四半期の日本の事業用不動産投資額は8610億円 CBRE調べ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社