住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/5]
石川・クラスコをベンチマーク視察 日管協・サブリース協

 日本賃貸住宅管理協会の関連組織であるサブリース事業者協議会は7月26日にクラスコ(石川県金沢市)を訪問し、ビジネスの参考を得ようと、ベンチマーク(比較検証)視察を実施した。当日は17人が参加し、クラスコ社長の小村典弘氏が生産性の向上などに関して講話した。

 ベンチマーク視察は今回6回目となる。首都圏以外の地元企業を訪問し、地域事情の把握のほか、健全なサブリース事業の普及と資質向上につなげている。


他のニュース

ホテル「相鉄フレッサイン 鎌倉大船駅東口」が11月1日開業

横浜市、日産自動車と地域活性化等で連携

三菱地所、「xTECH(クロステック)ウェブサイト」を開設

社員同士のナレッジ共有SNS機能をリリース KIYOラーニング

7月の首都圏マンション発売戸数、35%減 不動産経済研

19年度宅建試験 申込者数が前年から約1万人増加

7月の都心5区オフィス空室率、14カ月連続で1%下回る  三幸エステート

第2四半期の日本の事業用不動産投資額は8610億円 CBRE調べ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社