住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/5]
石川・クラスコをベンチマーク視察 日管協・サブリース協

 日本賃貸住宅管理協会の関連組織であるサブリース事業者協議会は7月26日にクラスコ(石川県金沢市)を訪問し、ビジネスの参考を得ようと、ベンチマーク(比較検証)視察を実施した。当日は17人が参加し、クラスコ社長の小村典弘氏が生産性の向上などに関して講話した。

 ベンチマーク視察は今回6回目となる。首都圏以外の地元企業を訪問し、地域事情の把握のほか、健全なサブリース事業の普及と資質向上につなげている。


他のニュース

西武プロパティーズ、桜台駅の駅ナカ商業施設を開業

学生レジデンス入居者に割安動画サービス 学生情報センターなど

12月3日に都内で「社会資本と地域発展」などテーマに講演会 国総研

11月30日、川崎市で「住まいの情報館」新拠点を開業 セコムG

不動産業業況調査、足元は改善も全分野でマイナス予測 土地総研調べ

東京建物、銀座の都市型商業施設を一部先行オープン

フージャース、東神開発とパートナーシップ協定

IR整備計画の申請期間 21年1〜7月案を公表、パブコメ 観光庁



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社