住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/6]
森ビル参画の「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」8月5日着工

 森ビルは8月5日、日本郵便と共に参加組合員として参画する「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」(東京都港区虎ノ門5丁目)の起工式を行い、着工した。竣工は23年3月を予定。同事業は、開発面積約8.1ヘクタールで、日比谷線神谷町駅から南北線六本木一丁目駅につながる東西にまたがるエリア。住宅やオフィス、店舗、ホテル、インターナショナルスクールなどを整備し、高層の住宅棟2棟、高層複合棟1棟、店舗棟などで構成される。

 起工式では、事業者を代表して、虎ノ門・麻布台市街地再開発組合の曲谷健一理事長があいさつ。参加組合員代表として辻慎吾森ビル社長は30年間、事業を進めてきた曲谷理事長ら組合員に敬意を示すと共に「ここに世界の企業や人々を集め、国際色あふれるコミュニティを実現することで、東京の国際競争力強化に貢献できる」と述べた。また、同日昼に行われた祝賀会では片山さつき内閣府特命担当大臣らを来賓に迎え、関係者など615人が参加した。


他のニュース

西武プロパティーズ、桜台駅の駅ナカ商業施設を開業

学生レジデンス入居者に割安動画サービス 学生情報センターなど

12月3日に都内で「社会資本と地域発展」などテーマに講演会 国総研

11月30日、川崎市で「住まいの情報館」新拠点を開業 セコムG

不動産業業況調査、足元は改善も全分野でマイナス予測 土地総研調べ

東京建物、銀座の都市型商業施設を一部先行オープン

フージャース、東神開発とパートナーシップ協定

IR整備計画の申請期間 21年1〜7月案を公表、パブコメ 観光庁



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社