住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/6]
近鉄不など5社、大阪ベイエリアで330戸

 近鉄不動産、東急不動産、サンケイビル、長谷工コーポレーション、アーク不動産の5社は8月17日、新築分譲マンション「大阪ベイレジデンス」(大阪市住之江区、総戸数330戸)のモデルルームをグランドオープンする。同物件は、大阪・関西万博の開催地として注目を集める夢洲に近いベイエリア内の「咲洲/コスモスクエア地区」に立地する。竣工は21年1月の予定。


他のニュース

ホテル「相鉄フレッサイン 鎌倉大船駅東口」が11月1日開業

横浜市、日産自動車と地域活性化等で連携

三菱地所、「xTECH(クロステック)ウェブサイト」を開設

社員同士のナレッジ共有SNS機能をリリース KIYOラーニング

7月の首都圏マンション発売戸数、35%減 不動産経済研

19年度宅建試験 申込者数が前年から約1万人増加

7月の都心5区オフィス空室率、14カ月連続で1%下回る  三幸エステート

第2四半期の日本の事業用不動産投資額は8610億円 CBRE調べ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社