住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/6]
8月に共働き家族の支援強化でキャンペーン 旭化成ホームズ

 旭化成ホームズは共働き家族の支援強化でキャンペーンを展開する。
 戸建てでは8月3日から8月31日まで、新規契約者を対象に「共働き家族応援フェア」を実施。基本仕様から、暮らしにゆとりを生む5つのアイテム(タッチレス水栓、高機能ガスコンロ/IH、タッチキー&高機能インターホン、床ワイパー洗浄、HEMS機能の拡充)にグレードアップして提供。グレードアップに関する差額分(平均30万円)は同社が負担する。適用件数予定は200件。
 賃貸住宅では8月10日に共働き世帯を対象にした新商品「光と風のLDK」の販売を開始。同商品はペニンシュラ型キッチンやアウトドアリビングといった新住戸スタイル。付加価値を付けており、家賃は通常よりも10%程度高めに設定して受注促進を図る。また、8月31日までをキャンペーン期間として、新ペニンシュラ型キッチン採用の差額分(約15万円)を同社が負担する。

 


他のニュース

西武プロパティーズ、桜台駅の駅ナカ商業施設を開業

学生レジデンス入居者に割安動画サービス 学生情報センターなど

12月3日に都内で「社会資本と地域発展」などテーマに講演会 国総研

11月30日、川崎市で「住まいの情報館」新拠点を開業 セコムG

不動産業業況調査、足元は改善も全分野でマイナス予測 土地総研調べ

東京建物、銀座の都市型商業施設を一部先行オープン

フージャース、東神開発とパートナーシップ協定

IR整備計画の申請期間 21年1〜7月案を公表、パブコメ 観光庁



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社