住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/6]
8月に共働き家族の支援強化でキャンペーン 旭化成ホームズ

 旭化成ホームズは共働き家族の支援強化でキャンペーンを展開する。
 戸建てでは8月3日から8月31日まで、新規契約者を対象に「共働き家族応援フェア」を実施。基本仕様から、暮らしにゆとりを生む5つのアイテム(タッチレス水栓、高機能ガスコンロ/IH、タッチキー&高機能インターホン、床ワイパー洗浄、HEMS機能の拡充)にグレードアップして提供。グレードアップに関する差額分(平均30万円)は同社が負担する。適用件数予定は200件。
 賃貸住宅では8月10日に共働き世帯を対象にした新商品「光と風のLDK」の販売を開始。同商品はペニンシュラ型キッチンやアウトドアリビングといった新住戸スタイル。付加価値を付けており、家賃は通常よりも10%程度高めに設定して受注促進を図る。また、8月31日までをキャンペーン期間として、新ペニンシュラ型キッチン採用の差額分(約15万円)を同社が負担する。

 


他のニュース

ホテル「相鉄フレッサイン 鎌倉大船駅東口」が11月1日開業

横浜市、日産自動車と地域活性化等で連携

三菱地所、「xTECH(クロステック)ウェブサイト」を開設

社員同士のナレッジ共有SNS機能をリリース KIYOラーニング

7月の首都圏マンション発売戸数、35%減 不動産経済研

19年度宅建試験 申込者数が前年から約1万人増加

7月の都心5区オフィス空室率、14カ月連続で1%下回る  三幸エステート

第2四半期の日本の事業用不動産投資額は8610億円 CBRE調べ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社