住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/14]
ケン・コーポ、グローバル・リンク・Mが優勝、不動産健保の対抗野球

 東京不動産業健康保険組合主催の第32回事業所対抗野球大会の準決勝・決勝戦が7月31日、さいたま市の大宮総合運動場で行われた。梅雨が明けた猛暑の中、各試合とも、総勢39チームから勝ち進んだ参加選手たちによる白熱した展開となった。その結果、1部トーナメントではケン・コーポレーションが、2部はグローバル・リンク・マネジメントがそれぞれ優勝した。
 なお、1部優勝のケン・コーポレーションは、各業界団体の健康保険組合の代表チームで争われる、10月に開催される「東京総合健保野球大会」に東京不動産業健康保険組合の代表チームとして参加する。
 1部の準優勝はエフ・ジェー・ネクスト、同3位は青山メインランドとタイセイ・ハウジーB。2部の準優勝は武蔵Manseets、同3位はCLUB工営。また個人賞(敬称略)は次の通り。
 【1部】最優秀選手賞/上松信之哉(ケン・コーポレーション)▽敢闘賞/関幸一郎(エフ・ジェー・ネクスト)、山梨敏行(青山メインランド)、志田和哉(タイセイ・ハウジーB)
 【2部】最優秀選手賞/高橋賢史朗(グローバル・リンク・マネジメント)▽敢闘賞/江間拳人(武蔵Manseets)、神原悠之祐(CLUB工営)


他のニュース

ホテル「相鉄フレッサイン 鎌倉大船駅東口」が11月1日開業

横浜市、日産自動車と地域活性化等で連携

三菱地所、「xTECH(クロステック)ウェブサイト」を開設

社員同士のナレッジ共有SNS機能をリリース KIYOラーニング

7月の首都圏マンション発売戸数、35%減 不動産経済研

19年度宅建試験 申込者数が前年から約1万人増加

7月の都心5区オフィス空室率、14カ月連続で1%下回る  三幸エステート

第2四半期の日本の事業用不動産投資額は8610億円 CBRE調べ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社