住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/14]
ケン・コーポ、グローバル・リンク・Mが優勝、不動産健保の対抗野球

 東京不動産業健康保険組合主催の第32回事業所対抗野球大会の準決勝・決勝戦が7月31日、さいたま市の大宮総合運動場で行われた。梅雨が明けた猛暑の中、各試合とも、総勢39チームから勝ち進んだ参加選手たちによる白熱した展開となった。その結果、1部トーナメントではケン・コーポレーションが、2部はグローバル・リンク・マネジメントがそれぞれ優勝した。
 なお、1部優勝のケン・コーポレーションは、各業界団体の健康保険組合の代表チームで争われる、10月に開催される「東京総合健保野球大会」に東京不動産業健康保険組合の代表チームとして参加する。
 1部の準優勝はエフ・ジェー・ネクスト、同3位は青山メインランドとタイセイ・ハウジーB。2部の準優勝は武蔵Manseets、同3位はCLUB工営。また個人賞(敬称略)は次の通り。
 【1部】最優秀選手賞/上松信之哉(ケン・コーポレーション)▽敢闘賞/関幸一郎(エフ・ジェー・ネクスト)、山梨敏行(青山メインランド)、志田和哉(タイセイ・ハウジーB)
 【2部】最優秀選手賞/高橋賢史朗(グローバル・リンク・マネジメント)▽敢闘賞/江間拳人(武蔵Manseets)、神原悠之祐(CLUB工営)


他のニュース

長谷工コーポ・コロナ、エアコン付きヒートポンプ床暖房が環境相表彰

未来の駅のサービスを体験 地域鮮魚の瞬間凍結、無人ロボットパスタカフェなど JR東日本スタートアップ

福島県須賀川市にマルチテナント型物流施設 大和ハウス工業

防音マンション活用の新提案プロジェクト始動 ツナガルデザイン

二級・木造建築士の「設計製図」試験、共に合格者は減少

IoT機器導入の無人モデルハウスを高崎にオープン ケイアイスター不

トーセイ、不特法事業へ許可申請、クラウドファンディング見据え

スマートマスターなど資格試験の受験申請をウェブで受け付け 家製協



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社