住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/14]
横浜市が消費増税の特別経営相談窓口を設置、融資制度も拡充

 神奈川県横浜市は8月1日、10月からの消費税率引上げの影響に伴う特別経営相談窓口を設置した。同市経済局金融課相談認定係、公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)、横浜市信用保証協会が資金繰りや経営安定に関する相談、経営全般の相談、信用保証に関する相談に応じる。
 また、10月1日から制度融資メニューを拡充し、経済変動対応資金(消費税対応特例)を創設した。融資対象は、「最近1か月の純売上高又は売上高総利益率が最近3カ年のいずれかの年の同月と比較して、5%以上減少している方」で、融資限度額は8000万円。
 問い合わせ先は同市経済局金融課。


他のニュース

ホテル「相鉄フレッサイン 鎌倉大船駅東口」が11月1日開業

横浜市、日産自動車と地域活性化等で連携

三菱地所、「xTECH(クロステック)ウェブサイト」を開設

社員同士のナレッジ共有SNS機能をリリース KIYOラーニング

7月の首都圏マンション発売戸数、35%減 不動産経済研

19年度宅建試験 申込者数が前年から約1万人増加

7月の都心5区オフィス空室率、14カ月連続で1%下回る  三幸エステート

第2四半期の日本の事業用不動産投資額は8610億円 CBRE調べ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社