住宅新報社|モバイルサイト

[2019/8/14]
横浜市が消費増税の特別経営相談窓口を設置、融資制度も拡充

 神奈川県横浜市は8月1日、10月からの消費税率引上げの影響に伴う特別経営相談窓口を設置した。同市経済局金融課相談認定係、公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)、横浜市信用保証協会が資金繰りや経営安定に関する相談、経営全般の相談、信用保証に関する相談に応じる。
 また、10月1日から制度融資メニューを拡充し、経済変動対応資金(消費税対応特例)を創設した。融資対象は、「最近1か月の純売上高又は売上高総利益率が最近3カ年のいずれかの年の同月と比較して、5%以上減少している方」で、融資限度額は8000万円。
 問い合わせ先は同市経済局金融課。


他のニュース

長谷工コーポ・コロナ、エアコン付きヒートポンプ床暖房が環境相表彰

未来の駅のサービスを体験 地域鮮魚の瞬間凍結、無人ロボットパスタカフェなど JR東日本スタートアップ

福島県須賀川市にマルチテナント型物流施設 大和ハウス工業

防音マンション活用の新提案プロジェクト始動 ツナガルデザイン

二級・木造建築士の「設計製図」試験、共に合格者は減少

IoT機器導入の無人モデルハウスを高崎にオープン ケイアイスター不

トーセイ、不特法事業へ許可申請、クラウドファンディング見据え

スマートマスターなど資格試験の受験申請をウェブで受け付け 家製協



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社