住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/10]
東京Aグレードオフィス空室率が3カ月連続で1%以下に JLL調べ

 JLLは9月10日、19年8月末時点における東京Aグレードオフィスの市況を発表した。
 空室率は前月比横ばいの0.7%で、3カ月連続で1%を下回った。前年比では1.2ポイント低下している。同社は既存ビルの空室が極めて限定的であり、将来の供給予定ビルが需要を吸収している状況が続いていると分析。その一方で、需要吸収のペースには減速の兆しが見られるという。
 賃料は前月比0.1%上昇の3万9407円(共益費込み、月額坪当たり)。前年比では5.3%の上昇で、5カ月連続で年間上昇率が5%を上回っている。


他のニュース

19年度創設「人生100年時代住まい整備事業」で8件選定 国交省

西武鉄道、高田馬場駅と所沢駅に「テレキューブ」

サンケイビルなど7社、須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業で優先交渉権者に

店舗スペース活用して「メルカリ教室」開催へ 東急リバブル

リノベ協 エキスポ、全国8エリア19都市で順次開催中

不動産経済研 8月の首都圏マンション供給戸数21%増に

横浜市、制度融資「台風15号対策特別資金」を創設

新たに「名古屋オフィス」を開設 リビン・テクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社