住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/12]
横浜市、台風15号の影響に伴う特別経営相談窓口を設置

 横浜市は9月11日、19年台風第15号の被害による市内中小企業の資金繰りや経営への影響が懸念されることから、以下の特別経営相談窓口を設置することを発表した。なお、金沢臨海部産業団地については、横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)が現地相談窓口を設置する。相談開始は12日から。
 経済局金融課は資金繰りや経営安定に関する相談を、横浜市信用保証協会は信用保証に関する相談を、経営全般に関する相談及び金沢臨海部産業団地の現地相談窓口はIDEC横浜がそれぞれ担当する。
 問い合わせ先は、横浜市経済局金融課。


他のニュース

サンフロンティア不動産の新社長に齋藤清一副社長

19年首都圏流通市場動向 中古マンション成約、過去最高を更新 東日本レインズ

日本最大級の移住イベント 26日、東京ビッグサイトで

愛知宅建サポートが物件会議と提携、協会会員の支援目的で

リブラン、防音賃貸マンション東京と埼玉で、音楽教室向け住戸も

3月10日に居住支援全国サミット、先進事例など共有 国交省、厚労省

三井不動産、渋谷で低層複合開発「MIYASHITA PARK」

預り金保証制度の新規申し込み受付を開始 日管協



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社