住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/12]
横浜市、台風15号の影響に伴う特別経営相談窓口を設置

 横浜市は9月11日、19年台風第15号の被害による市内中小企業の資金繰りや経営への影響が懸念されることから、以下の特別経営相談窓口を設置することを発表した。なお、金沢臨海部産業団地については、横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)が現地相談窓口を設置する。相談開始は12日から。
 経済局金融課は資金繰りや経営安定に関する相談を、横浜市信用保証協会は信用保証に関する相談を、経営全般に関する相談及び金沢臨海部産業団地の現地相談窓口はIDEC横浜がそれぞれ担当する。
 問い合わせ先は、横浜市経済局金融課。


他のニュース

19年度創設「人生100年時代住まい整備事業」で8件選定 国交省

西武鉄道、高田馬場駅と所沢駅に「テレキューブ」

サンケイビルなど7社、須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業で優先交渉権者に

店舗スペース活用して「メルカリ教室」開催へ 東急リバブル

リノベ協 エキスポ、全国8エリア19都市で順次開催中

不動産経済研 8月の首都圏マンション供給戸数21%増に

横浜市、制度融資「台風15号対策特別資金」を創設

新たに「名古屋オフィス」を開設 リビン・テクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社