住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/12]
山口県長門市と林業成長産業化で協定締結 住友林業

 住友林業は9月11日、山口県長門市と「林業成長産業化に関する包括連携協定」を結んだ。同協定は森林資源を循環利用することで、長門市の林業・木材産業の成長を促進し、地元経済を活性化させることが目的。
 長門市は17年4月に林野庁から「林業成長産業化地域」に選定されており、林業の成長産業化を図ってきた。両者は協定を結ぶことで、原木生産量の増加や林業労働者の確保・育成、木材需要の拡大を目指す。


他のニュース

19年度創設「人生100年時代住まい整備事業」で8件選定 国交省

西武鉄道、高田馬場駅と所沢駅に「テレキューブ」

サンケイビルなど7社、須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業で優先交渉権者に

店舗スペース活用して「メルカリ教室」開催へ 東急リバブル

リノベ協 エキスポ、全国8エリア19都市で順次開催中

不動産経済研 8月の首都圏マンション供給戸数21%増に

横浜市、制度融資「台風15号対策特別資金」を創設

新たに「名古屋オフィス」を開設 リビン・テクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社