住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/18]
サンケイビルなど7社、須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業で優先交渉権者に

 サンケイビル、グランビスタホテル&リゾート、三菱倉庫、JR西日本不動産開発、竹中工務店など7社は、兵庫県神戸市が公募した「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業」(同市須磨区若宮一丁目)の優先交渉権者に選定された。Park―PFI制度を使い、園地、水族館、宿泊施設、にぎわい施設、駐車場を再整備するもの。7社は「地域コミュニティと観光客が交流する『つながる』海浜リゾートパークの実現」をテーマにした。
 開発区域は約10万1900平方メートル(公園全体約13万9000平方メートル)、JR「須磨海浜公園」駅から徒歩5分、山陽線「月見山」駅から徒歩10分の立地。21年10月に工事を着工し、23年に駐車場、にぎわい施設、園地の供用を開始、24年3月末にグランドオープンを予定している。


他のニュース

コワーキングサービスの「カオスマップ」発表 AnyWhere

管理組合にオンライン理事会対応新機能 つなぐコミュニケーションズ

新築、リフォームに対応の耐風シャッターを6月8日に発売 YKKAP

追客システム「SMSハンター」を提供開始 リビン・テクノロジーズ

オフィスの解約や残留を比較検討できるサービス提供 MACオフィス

東京都、休業要請解除施設の一覧を公表

19年度首都圏中古マンション 月額管理費は平米単価189円

マンションで「お試し同棲」サービス マツリテクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社