住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/17]
横浜市、制度融資「台風15号対策特別資金」を創設

 神奈川県横浜市は9月13日、台風第15号の被害により売上高等が減少している市内中小企業などの資金繰りを支援するため、制度融資「台風第15号対策特別資金」を創設した。
 融資対象者は、(1)台風第15号の影響により、最近1カ月の純売上高または売上高総利益率が最近3カ年のいずれかの年の同月と比較して減少している者、(2)台風第15号の影響を受け、「り災証明書」の発行を受けた者。融資額は8000万円以内で、資金使途は運転資金(融資期間は10年以内)、もしくは設備資金(融資期間は15年以内)。
 問い合わせ先は、横浜市経済局金融課045(671)2586。


他のニュース

「都市の緑3表彰」受賞者を決定 都市緑化機構

平塚で新物流施設を着工、中央物産の専用施設 日本GLP

電子契約サービス「クラウドサイン」CM放映開始 弁護士ドットコム

三井不など大阪・御堂筋活性化イベントの第3弾

10月26日から「あったかハイムキャンペーン」を展開 積水化学

不動産会社向け住宅ローン業務代行サービス 「モゲビズ」ベータ版をスタート MFS

人とネコが快適に過ごせるリノベプラン第2弾 グローバルベイスなど

横浜市、IR(統合型リゾート)コンセプト提案募集



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社