住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/18]
店舗スペース活用して「メルカリ教室」開催へ 東急リバブル

 東急リバブルは、フリーマーケットアプリサービスを提供するメルカリ(東京都港区)が主催する「メルカリ教室」の開催パートナーとして、9月19日から店舗の一部スペースを開催場所として提供を始める。同教室ではメルカリの楽しみ方を伝え、東急リバブルとの取引の有無に関わらずに気軽に来店してもらうことで、不動産店舗をより身近に感じてもらうのが狙いだ。

 当初は16店舗で、今後開催店舗の拡大を検討していく。同社ではこれまでも首都圏の一部店舗で展示会やイベントを開催するなど、地域とのつながり、地元に密着した店舗づくりを進めている。


他のニュース

コワーキングサービスの「カオスマップ」発表 AnyWhere

管理組合にオンライン理事会対応新機能 つなぐコミュニケーションズ

新築、リフォームに対応の耐風シャッターを6月8日に発売 YKKAP

追客システム「SMSハンター」を提供開始 リビン・テクノロジーズ

オフィスの解約や残留を比較検討できるサービス提供 MACオフィス

東京都、休業要請解除施設の一覧を公表

19年度首都圏中古マンション 月額管理費は平米単価189円

マンションで「お試し同棲」サービス マツリテクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社