住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/18]
西武鉄道、高田馬場駅と所沢駅に「テレキューブ」

 西武鉄道、西武プロパティーズは、西武線「高田馬場」駅と「所沢」駅構内に、テレキューブサービス(株)の防音型コミュニケーションブース「テレキューブ」を設置した。埼玉県内でのコミュニケーションブースの設置は初めて。「テレキューブ」は、テレワークが可能な個室型のワークスペースで、資料作成やウェブ会議などに利用。高田馬場駅で1台、所沢駅で2台導入する。働き方改革推進の取り組みとして、20年9月までの予定で実施。利用状況によっては期間を変更する可能性もある。


他のニュース

コワーキングサービスの「カオスマップ」発表 AnyWhere

管理組合にオンライン理事会対応新機能 つなぐコミュニケーションズ

新築、リフォームに対応の耐風シャッターを6月8日に発売 YKKAP

追客システム「SMSハンター」を提供開始 リビン・テクノロジーズ

オフィスの解約や残留を比較検討できるサービス提供 MACオフィス

東京都、休業要請解除施設の一覧を公表

19年度首都圏中古マンション 月額管理費は平米単価189円

マンションで「お試し同棲」サービス マツリテクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社