住宅新報社|モバイルサイト

[2019/9/18]
19年度創設「人生100年時代住まい整備事業」で8件選定 国交省

 国土交通省はこのほど、19年度に創設された支援事業「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」について、応募のあった16事業の中から8事業を第1回支援対象として選定した。
 同モデル事業は、ライフステージに応じて変化する居住ニーズに対応し、高齢者や障害者、子育て世代など幅広い属性の世帯が安心して暮らせる住環境の整備を促すため、先導的なモデルとなる民間事業を支援するもの。19年度の応募は9月30日まで受け付けており、12月上旬を目安に第2回の選定を行う予定。
 詳細は同モデル事業評価事務局のホームページ(http://100nen-sw.jp/)を参照のこと。


他のニュース

コワーキングサービスの「カオスマップ」発表 AnyWhere

管理組合にオンライン理事会対応新機能 つなぐコミュニケーションズ

新築、リフォームに対応の耐風シャッターを6月8日に発売 YKKAP

追客システム「SMSハンター」を提供開始 リビン・テクノロジーズ

オフィスの解約や残留を比較検討できるサービス提供 MACオフィス

東京都、休業要請解除施設の一覧を公表

19年度首都圏中古マンション 月額管理費は平米単価189円

マンションで「お試し同棲」サービス マツリテクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社