住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/9]
千葉で新たなマルチテナント型物流施設を竣工 プロロジス

 物流不動産の所有・運営・開発を手掛けるプロロジス(日本本社=東京都千代田区、山田御酒社長)は10月7日、千葉県千葉市で新たなマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク千葉1」を竣工した。同新施設は竣工を前に複数の企業と賃貸契約を結んでおり、同日現在で賃貸面積の85%が契約済みとなっている。
 同新施設は、東関東自動車道千葉北ICから約3キロメートル、京葉道路穴川ICから4キロメートルの立地。敷地面積は約6万6100平方メートルで、建物は地上5階建て、延べ床面積は約14万7000平方メートル。
 また同新施設の隣接敷地には、同じくマルチテナント型物流施設の「千葉2」を開発中で、20年11月竣工予定。「千葉1」「千葉2」の合計延べ床面積は約21万平方メートルを超える見通し。


他のニュース

GAテク 「不動産テック」のスタートアップカンファレンスに協賛

13カ月連続でマイナス 首都圏19年12月の賃貸成約

小田急不が投資用不動産開発事業に参入、川崎で第1弾の木造賃貸

三菱地所、複数のフィットネス利用可能なウェブサービス開始

京都で開発中の複合施設「新風館」、4月16日開業 NTT都市開発

野村不HD、コワーキングでデジタル技術を活用した実証実験

「お米」をテーマにフォーラム開催、聴講者を募集 大和ハウス工業

39億円資金調達でスマートロックや新製品開発促進 ビットキー



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社