住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/9]
東京Aグレードオフィス空室率は前期比0.15ポイント低下 JLL調べ

 JLLは10月9日、19年第3四半期における東京のオフィス市況を公表した。
 Aグレードでは、空室率が前期比0.15ポイント低下、前年比0.9ポイント低下の0.6%。2四半期連続で1%を下回った。中心業務地区(千代田、中央、港、新宿、渋谷の5区)全体で既存・新規共に供給が限定的となる中、大手町・丸の内における新築物件の成約が進んだ。
 また賃料(月額坪当たり、共益費込み)は前期比0.7%上昇、前年比5.0%上昇の3万9536円。新宿・渋谷を含むサブマーケットがけん引し、30四半期連続の上昇となった。
 Bグレードでは、空室率が前期比横ばい、前年比0.4ポイント低下の0.3%を計上。賃料(同)は前期比1.6%上昇、前年比6.2%上昇の2万5098円となった。


他のニュース

東急不、神宮前六丁目市街地再開発が権利変換許可

米国カリフォルニア州の不動産会社を子会社化 大和ハウス工業G

「ノーガホテル」第2弾、秋葉原で7月開業 野村不G

合格点は34点以上 19年度管理業務主任者試験

首都圏と近畿でエネルギー自給自足型住宅の新商品 セキスイハイムG

三井不、海外初の賃貸ラボ&オフィスをボストンで

スケートの?橋大輔選手がスケート教室で指導 スカイコート

AI活用の観光タクシー相乗りサービス 新潟で実証実験開始 JR東日本スタートアップなど



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社