住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/9]
東京Aグレードオフィス空室率は前期比0.15ポイント低下 JLL調べ

 JLLは10月9日、19年第3四半期における東京のオフィス市況を公表した。
 Aグレードでは、空室率が前期比0.15ポイント低下、前年比0.9ポイント低下の0.6%。2四半期連続で1%を下回った。中心業務地区(千代田、中央、港、新宿、渋谷の5区)全体で既存・新規共に供給が限定的となる中、大手町・丸の内における新築物件の成約が進んだ。
 また賃料(月額坪当たり、共益費込み)は前期比0.7%上昇、前年比5.0%上昇の3万9536円。新宿・渋谷を含むサブマーケットがけん引し、30四半期連続の上昇となった。
 Bグレードでは、空室率が前期比横ばい、前年比0.4ポイント低下の0.3%を計上。賃料(同)は前期比1.6%上昇、前年比6.2%上昇の2万5098円となった。


他のニュース

「都市の緑3表彰」受賞者を決定 都市緑化機構

平塚で新物流施設を着工、中央物産の専用施設 日本GLP

電子契約サービス「クラウドサイン」CM放映開始 弁護士ドットコム

三井不など大阪・御堂筋活性化イベントの第3弾

10月26日から「あったかハイムキャンペーン」を展開 積水化学

不動産会社向け住宅ローン業務代行サービス 「モゲビズ」ベータ版をスタート MFS

人とネコが快適に過ごせるリノベプラン第2弾 グローバルベイスなど

横浜市、IR(統合型リゾート)コンセプト提案募集



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社