住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/10]
東急コミュニティー、管理ビル2施設で清掃ロボット導入

 東急コミュニティーは、ビル管理における作業効率化、品質向上を目的に管理受託する2施設での清掃ロボットの利用を本格化する。渋谷ソラスタに、5月からソフトバンクロボティクスの清掃ロボット「Whiz」を導入し、エントランスホール清掃を行ってきたが、9月からはテナント入居階の共用廊下での使用を開始。更に、12月からは神保町北東急ビルで窓清掃ロボットの使用を開始する。


他のニュース

「都市の緑3表彰」受賞者を決定 都市緑化機構

平塚で新物流施設を着工、中央物産の専用施設 日本GLP

電子契約サービス「クラウドサイン」CM放映開始 弁護士ドットコム

三井不など大阪・御堂筋活性化イベントの第3弾

10月26日から「あったかハイムキャンペーン」を展開 積水化学

不動産会社向け住宅ローン業務代行サービス 「モゲビズ」ベータ版をスタート MFS

人とネコが快適に過ごせるリノベプラン第2弾 グローバルベイスなど

横浜市、IR(統合型リゾート)コンセプト提案募集



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社