住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/10]
東急コミュニティー、管理ビル2施設で清掃ロボット導入

 東急コミュニティーは、ビル管理における作業効率化、品質向上を目的に管理受託する2施設での清掃ロボットの利用を本格化する。渋谷ソラスタに、5月からソフトバンクロボティクスの清掃ロボット「Whiz」を導入し、エントランスホール清掃を行ってきたが、9月からはテナント入居階の共用廊下での使用を開始。更に、12月からは神保町北東急ビルで窓清掃ロボットの使用を開始する。


他のニュース

コワーキングサービスの「カオスマップ」発表 AnyWhere

管理組合にオンライン理事会対応新機能 つなぐコミュニケーションズ

新築、リフォームに対応の耐風シャッターを6月8日に発売 YKKAP

追客システム「SMSハンター」を提供開始 リビン・テクノロジーズ

オフィスの解約や残留を比較検討できるサービス提供 MACオフィス

東京都、休業要請解除施設の一覧を公表

19年度首都圏中古マンション 月額管理費は平米単価189円

マンションで「お試し同棲」サービス マツリテクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社