住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/10]
AI活用でEAGLYS今林広樹氏をアドバイザーに 東急住宅リース

 東急住宅リースは、AI技術などを研究開発するEAGLYS(東京都渋谷区)の社長で、テック系ビジネスプランコンテストなどの各賞で最優秀賞を受賞している、今林広樹氏をアドバイザーに迎えた。AI戦略アドバイザーとして、IT戦略やデータ分析、経営戦略上の課題のほか、データのセキュリティー強化に関して助言を得る。

 また、賃貸借契約の一連の業務の品質向上や効率化に向け、AIを活用するための課題の洗い出し、各プロセスでのAIの活用の実現可能性についても検証を進める。


他のニュース

コワーキングサービスの「カオスマップ」発表 AnyWhere

管理組合にオンライン理事会対応新機能 つなぐコミュニケーションズ

新築、リフォームに対応の耐風シャッターを6月8日に発売 YKKAP

追客システム「SMSハンター」を提供開始 リビン・テクノロジーズ

オフィスの解約や残留を比較検討できるサービス提供 MACオフィス

東京都、休業要請解除施設の一覧を公表

19年度首都圏中古マンション 月額管理費は平米単価189円

マンションで「お試し同棲」サービス マツリテクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社