住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/10]
AI活用でEAGLYS今林広樹氏をアドバイザーに 東急住宅リース

 東急住宅リースは、AI技術などを研究開発するEAGLYS(東京都渋谷区)の社長で、テック系ビジネスプランコンテストなどの各賞で最優秀賞を受賞している、今林広樹氏をアドバイザーに迎えた。AI戦略アドバイザーとして、IT戦略やデータ分析、経営戦略上の課題のほか、データのセキュリティー強化に関して助言を得る。

 また、賃貸借契約の一連の業務の品質向上や効率化に向け、AIを活用するための課題の洗い出し、各プロセスでのAIの活用の実現可能性についても検証を進める。


他のニュース

「都市の緑3表彰」受賞者を決定 都市緑化機構

平塚で新物流施設を着工、中央物産の専用施設 日本GLP

電子契約サービス「クラウドサイン」CM放映開始 弁護士ドットコム

三井不など大阪・御堂筋活性化イベントの第3弾

10月26日から「あったかハイムキャンペーン」を展開 積水化学

不動産会社向け住宅ローン業務代行サービス 「モゲビズ」ベータ版をスタート MFS

人とネコが快適に過ごせるリノベプラン第2弾 グローバルベイスなど

横浜市、IR(統合型リゾート)コンセプト提案募集



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社