住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/10]
10月11日から新空調システムを発売 三井ホーム

 三井ホームは10月11日、個別空調の採用割合が高かった40 坪以下の住宅を対象にした新空調システム「Smart Breeze One(スマートブリーズワン)」を全国(沖縄、寒冷多雪地を除く)で発売する。
 新システムは汎用品の高効率ルームエアコン1台と熱交換型換気システムを組み合わせたもの。ヒートショックを防ぎ、高性能フィルターで健康的な空気環境を提供する。
 新システムはダクト式。空調機能は冷房・暖房・除湿・空気清浄・換気。空調のトータルコストを大きく削減するのが特長の一つ。従来の全館空調に比べ、初期投資を最大40%、電気代を約20%それぞれ軽減する。更に、1カ月に1度のフィルター清掃、2年に1回のフィルター交換で利用でき、トータルコストを削減した。また、アプリを用いて外出先からの遠隔操作が可能。エアコンのオン・オフ、運転モード選択、電気代・消費電力通知などで使いやすさと省エネを両立させる。
 販売価格は132万円(税別)。


他のニュース

コワーキングサービスの「カオスマップ」発表 AnyWhere

管理組合にオンライン理事会対応新機能 つなぐコミュニケーションズ

新築、リフォームに対応の耐風シャッターを6月8日に発売 YKKAP

追客システム「SMSハンター」を提供開始 リビン・テクノロジーズ

オフィスの解約や残留を比較検討できるサービス提供 MACオフィス

東京都、休業要請解除施設の一覧を公表

19年度首都圏中古マンション 月額管理費は平米単価189円

マンションで「お試し同棲」サービス マツリテクノロジーズ



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社