住宅新報社|モバイルサイト

[2019/10/21]
不動産会社向け住宅ローン業務代行サービス 「モゲビズ」ベータ版をスタート MFS

 MFSは10月25日から、不動産会社向け住宅ローン業務代行サービス「モゲチェック for Biz」(モゲビズ)ベータ版を提供する。
 このサービスは、不動産会社が利用することで、MFSへ住宅ローン業務の全面委託が可能になり、営業活動の効率化と成約率の向上を図ることができる。
 同サービスでは、不動産会社が住宅購入者の情報を「モゲビズ」に一度入力するだけで、金融機関の審査の前に住宅ローン借入額が判明。購入物件決定後は、一連の住宅ローン業務をMFSに委託することができる。このほか、ネット銀行を含めた全国の金融機関から最適なローンを選択でき、新築・中古物件だけでなく、リノベーション物件まで広くサポートしている。
 同社では来年初めにも正式版をリリースする予定としている。

 


他のニュース

西武プロパティーズ、桜台駅の駅ナカ商業施設を開業

学生レジデンス入居者に割安動画サービス 学生情報センターなど

12月3日に都内で「社会資本と地域発展」などテーマに講演会 国総研

11月30日、川崎市で「住まいの情報館」新拠点を開業 セコムG

不動産業業況調査、足元は改善も全分野でマイナス予測 土地総研調べ

東京建物、銀座の都市型商業施設を一部先行オープン

フージャース、東神開発とパートナーシップ協定

IR整備計画の申請期間 21年1〜7月案を公表、パブコメ 観光庁



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社