住宅新報社|モバイルサイト

[2019/11/29]
日鉄興和不、兵庫・尼崎で近畿圏第2弾の物流施設を着工

 日鉄興和不動産は、12月1日に近畿圏での物流施設第2弾となる「LOGIFRONT 尼崎2」(兵庫県尼崎東海岸町)を着工する。総延べ床面積約3万坪、4階建てのBTS型施設で、21年1月末の竣工を予定している。また、職場環境の面では、ドライバー休憩室のほか、従業員専用駐車場や駐輪場など働きやすい環境整備を行っている。


他のニュース

長谷工コーポ・コロナ、エアコン付きヒートポンプ床暖房が環境相表彰

未来の駅のサービスを体験 地域鮮魚の瞬間凍結、無人ロボットパスタカフェなど JR東日本スタートアップ

防音マンション活用の新提案プロジェクト始動 ツナガルデザイン

福島県須賀川市にマルチテナント型物流施設 大和ハウス工業

二級・木造建築士の「設計製図」試験、共に合格者は減少

トーセイ、不特法事業へ許可申請、クラウドファンディング見据え

IoT機器導入の無人モデルハウスを高崎にオープン ケイアイスター不

スマートマスターなど資格試験の受験申請をウェブで受け付け 家製協



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社