住宅新報社|モバイルサイト

[2019/11/29]
地所の健康アプリと連動した旅行商品、自治体との連携も

 三菱地所は、健康アプリ「丸の内ヘルスカンパニー」を使い、利用者に旅行商品を提供する「丸の内ヘルスカンパニーツーリズム」を開始した。高速バスなどを運行するWILLERと地方自治体と連携。第1弾として、長野県善光寺プラン、新潟県岩室温泉プラン、長野県安曇野プラン、鹿児島県屋久島プランを用意した。また、群馬県みなかみ町と連携したモニターツアーも実施する。


他のニュース

投資家調査、7割が高い金利で借り入れ MFS調べ

シニア向け分譲マンション「つくばみらい」が優秀賞に、フージャース

アットホームが「スーパーシティ・オープンラボ」参画へ 

リノベるが戸建て活用セミナー、?多拠点居住?アドレスと合同 23日、渋谷で

IKEAが横浜市営住宅にLED電球1300個を提供

新理事長に鈴見健夫氏(元・旭ビルウォール社長)就任 芝浦工業大学

小田急不、新築賃貸「リージア狛江」竣工

マンション販売支援の「ルーブコンパス」を提供開始 スタイルポート



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社