住宅新報社|モバイルサイト

[2019/11/29]
三井不、大阪の大型複合施設で対話ロボット実証実験

 三井不動産は、大型複合施設「EXPOCITY」(大阪府吹田市)において、対話ロボットを活用した実証実験を12月から開始する。期間は5年間。大阪大学石黒浩教授の研究プロジェクトを活用。対話ロボットを使ったショップ案内や販売員の業務支援などで、実証実験が実現すれば、ロボットによる対話を介したホスピタリティの高いサービス提供が可能となる。


他のニュース

長谷工コーポ・コロナ、エアコン付きヒートポンプ床暖房が環境相表彰

未来の駅のサービスを体験 地域鮮魚の瞬間凍結、無人ロボットパスタカフェなど JR東日本スタートアップ

防音マンション活用の新提案プロジェクト始動 ツナガルデザイン

福島県須賀川市にマルチテナント型物流施設 大和ハウス工業

二級・木造建築士の「設計製図」試験、共に合格者は減少

トーセイ、不特法事業へ許可申請、クラウドファンディング見据え

IoT機器導入の無人モデルハウスを高崎にオープン ケイアイスター不

スマートマスターなど資格試験の受験申請をウェブで受け付け 家製協



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社