住宅新報社|モバイルサイト

[2019/12/2]
横浜市と三井不動産がクルーズ客船に関する連携協定を締結

 神奈川県横浜市と三井不動産株式会社は11月26日、クルーズ客船の寄港促進と地域活性化を目的に包括連携協定を締結した。
 同協定では、(1)客船ターミナルと「三井ショッピングパーク ららぽーと横浜」、「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」や観光地を結ぶバスツアーの実施、(2)客船寄港時の連携イベント等の実施、(3)横浜市の観光及びクルーズの情報発信及び国内外の商業施設でのPRなどを盛り込んだ。
 詳細はホームページ(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/kowan/2019/20191126mitsui.html)を参照。


他のニュース

投資家調査、7割が高い金利で借り入れ MFS調べ

シニア向け分譲マンション「つくばみらい」が優秀賞に、フージャース

アットホームが「スーパーシティ・オープンラボ」参画へ 

リノベるが戸建て活用セミナー、?多拠点居住?アドレスと合同 23日、渋谷で

IKEAが横浜市営住宅にLED電球1300個を提供

新理事長に鈴見健夫氏(元・旭ビルウォール社長)就任 芝浦工業大学

小田急不、新築賃貸「リージア狛江」竣工

マンション販売支援の「ルーブコンパス」を提供開始 スタイルポート



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社