住宅新報社|モバイルサイト

[2019/12/2]
18年の屋上緑化、商業施設が初めて全体の2割超に 国交省調べ

 国土交通省はこのほど、18年の「全国屋上・壁面緑化施工実績調査」をまとめ、公表した。同年施工された屋上緑化(暫定値)は約16.1ヘクタール(前年比7.0ヘクタール減)、壁面緑化は約4.6ヘクタール(同1.2ヘクタール減)。
 建物用途別で見ると、最も多かったのは前年に引き続き「商業施設」で、22.0%(同4.6ポイント増)と00年の統計開始以来初めて2割を超えた。「東京ミッドタウン日比谷や日本橋高島屋S.C.新館など、大規模で複合的な屋上・壁面緑化が施工される事例の割合が増加」(国交省)したことなどが要因。
 次いで多かったのは「工場・倉庫・車庫」21.9%(同4.7ポイント増)、「住宅、共同住宅」17.5%(同3.3ポイント増)となっている。


他のニュース

長谷工コーポ・コロナ、エアコン付きヒートポンプ床暖房が環境相表彰

未来の駅のサービスを体験 地域鮮魚の瞬間凍結、無人ロボットパスタカフェなど JR東日本スタートアップ

防音マンション活用の新提案プロジェクト始動 ツナガルデザイン

福島県須賀川市にマルチテナント型物流施設 大和ハウス工業

二級・木造建築士の「設計製図」試験、共に合格者は減少

トーセイ、不特法事業へ許可申請、クラウドファンディング見据え

IoT機器導入の無人モデルハウスを高崎にオープン ケイアイスター不

スマートマスターなど資格試験の受験申請をウェブで受け付け 家製協



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社