住宅新報社|モバイルサイト

[2019/12/4]
合格点は35点 合格率は17.0% 19年度宅建試験

 不動産適正取引推進機構は12月4日、19年度の宅地建物取引士資格試験の実施結果概要を発表した。
 それによると、合格者は18年度から4121人増の3万7481人(男性2万4188人、女性1万3293人)で、合格率は昨年より1.4ポイント高い17.0%だった。登録講習修了者の合格率は22.9%。合否判定は、35問以上正解(登録講習修了者は45問中30問以上)を基準とした。
 今年度の宅建試験は10月20日に行われ、受験者は18年度を6804人上回る22万797人(男性14万8765人、女性7万2032人)だった。


他のニュース

長谷工コーポ・コロナ、エアコン付きヒートポンプ床暖房が環境相表彰

未来の駅のサービスを体験 地域鮮魚の瞬間凍結、無人ロボットパスタカフェなど JR東日本スタートアップ

防音マンション活用の新提案プロジェクト始動 ツナガルデザイン

福島県須賀川市にマルチテナント型物流施設 大和ハウス工業

二級・木造建築士の「設計製図」試験、共に合格者は減少

トーセイ、不特法事業へ許可申請、クラウドファンディング見据え

IoT機器導入の無人モデルハウスを高崎にオープン ケイアイスター不

スマートマスターなど資格試験の受験申請をウェブで受け付け 家製協



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社