住宅新報社|モバイルサイト

[2019/12/5]
二級・木造建築士の「設計製図」試験、共に合格者は減少

 建築技術教育普及センターは12月4日、19年の二級建築士試験および木造建築士試験の「設計製図の試験」について、合格者発表を行った。
 今回の二級建築士「設計製図の試験」は受験者数は1万884人(前年比36人減)で、合格者数は5037人(同960人減)、合格率は46.3%(同8.6ポイント減)。「学科の試験」受験者も含めた総受験者数に対しての最終合格率は22.2%(同3.3ポイント減)だった。
 また木造建築士「設計製図の試験」については、受験者数が325人(同9人増)、合格者数が193人(同12人減)、合格率は59.4%(同5.5ポイント減)。最終合格率は30.7%(同5.1ポイント減)となった。


他のニュース

住友不「有明ガーデン」、8月1日にまちびらき

介護施設を「多世代型シェアハウス」に転用 Hidamari

住林子会社、AI採用の設計支援システム

外壁ドローン点検技術開発拡充に1億円調達 ドローンパイロット

部屋探しの検討者と家主を直接つなげるアプリ開設 アロングウィズ

ワーケーションのポータルサイト開設、施設予約も可能 三菱地所

「クロスホテル大阪」全面改装が完了 オリックス不動産

「ハウスメーカー神戸」で第1位を獲得 神戸都市開発



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社