住宅新報社|モバイルサイト

[2019/12/4]
IoT機器導入の無人モデルハウスを高崎にオープン ケイアイスター不

 ケイアイスター不動産は12月3日、注文住宅「はなまるハウス」高崎展示場に、無人で内覧できるモデルハウスをオープンした。
 同モデルハウスでは、スマートロック、内覧用のタブレット、室内アナウンスといったIoT機器を導入して、来場予約から退室、住宅購入に必要な情報収集のサポートまで無人対応とすることで、長時間の営業などユーザーの不満の解消と購入費用の削減を可能とした。なお、オープンから3カ月間を目安とした期間限定の営業としており、期間中の来場者60組を目標に反響に応じて期間の見直しを行っていく。
 また、このオープンに伴い、生活に役立つ各種IoT機器を標準仕様とした新商品を限定発売する。モデルハウスの無人化などにより、従来品に比べ約100万円のコスト削減に成功した。これを基本仕様のグレードアップなどに加え、従来品と同価格で販売する。


他のニュース

住友不「有明ガーデン」、8月1日にまちびらき

介護施設を「多世代型シェアハウス」に転用 Hidamari

住林子会社、AI採用の設計支援システム

外壁ドローン点検技術開発拡充に1億円調達 ドローンパイロット

部屋探しの検討者と家主を直接つなげるアプリ開設 アロングウィズ

ワーケーションのポータルサイト開設、施設予約も可能 三菱地所

「クロスホテル大阪」全面改装が完了 オリックス不動産

「ハウスメーカー神戸」で第1位を獲得 神戸都市開発



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社