住宅新報社|モバイルサイト

[2020/1/27]
39億円資金調達でスマートロックや新製品開発促進 ビットキー

 スマートロック「bitlock」(ビットロック)シリーズなどを展開する、ビットキー(東京都中央区)は、ゴールドマン・サックスをはじめ、三井不動産や阪急阪神不動産が運営するファンドなど10社を引受先とする約34・4億円の第三者割当増資と、りそな銀行とみずほ銀行から4・6億円の融資を受け、総額39億300万円を資金調達した。2018年8月の創業からの累計調達額は今回を含めて約50億円となる。

 ビットキーでは調達資金を活用して、スマートロックの開発の人員増や体制強化を図る。また、IDの連携・認証と権利処理のデジタルキープラットフォームでの新プロダクトの開発や海外展開の準備を進展させる。


他のニュース

横浜駅至近で新築分譲M、バルコニーもワークスペースに 明和地所

愛知・岡崎の地盤改良企業グループを子会社化 不動テトラ

オンライン暮らし座談会10月に全国展開 BESSのアールシーコア

コロナ対応「非対面」の戸建てホテル完成 エコリフォーム

東北と四国の同業他社を子会社化 ジャパンエレベーターサービスHD

管理会社を譲渡し、電気設備会社を子会社化 エムティジェネックス

長崎市内のホテルを取得 大和ハウスリート投資法人

東京・青梅の延べ6万平米の倉庫取得 野村不動産マスターファンド



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社