住宅新報社|モバイルサイト

[2020/1/27]
野村不HD、コワーキングでデジタル技術を活用した実証実験

 野村不動産ホールディングスは1月27日、デジタル技術を活用したオフィス空間・サービスの実証実験を開始すると発表した。同社はダイキンが18年に開設した、多様な企業と協業して空気・空間にまつわるデータを活用する協創プラットフォーム「CRESNECT(クレスネクト)」に参加。ダイキンなどが運営する会員制コワーキングスペース「point 0 marunouchi」(東京都千代田区丸の内2丁目)で、同社はIoT技術やAI(人工知能)ソリューションを活用して、生産性が高いワークスペースを実現するための実証実験を行う。


他のニュース

横浜駅至近で新築分譲M、バルコニーもワークスペースに 明和地所

愛知・岡崎の地盤改良企業グループを子会社化 不動テトラ

オンライン暮らし座談会10月に全国展開 BESSのアールシーコア

コロナ対応「非対面」の戸建てホテル完成 エコリフォーム

東北と四国の同業他社を子会社化 ジャパンエレベーターサービスHD

管理会社を譲渡し、電気設備会社を子会社化 エムティジェネックス

長崎市内のホテルを取得 大和ハウスリート投資法人

東京・青梅の延べ6万平米の倉庫取得 野村不動産マスターファンド



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社