住宅新報社|モバイルサイト

[2020/8/4]
外壁ドローン点検技術開発拡充に1億円調達 ドローンパイロット

 ドローンパイロットエージェンシー(東京都中央区)は、1億円を資金調達した。ドローンで建物の外壁を撮影した動画から自動でクラックを検出するサービス(現在はベータ版)の機能拡張や精度向上のために活用する。今後、クラックの幅や長さなどをAI(人工知能)で認識・表示して外壁の浮きも検知できるようにする。

 資金は、カクイチ(東京都千代田区)と、サイバーエージェント・キャピタル(東京都渋谷区)の運営ファンドを引受先とする第三者割当増資で調達した。


他のニュース

20年首都圏流通市場動向 中古マンション成約、2年ぶりに減少 東日本レインズ

合格点は37点 20年度管理業務主任者試験

運営施設内に完全個室ベビーケアルーム設置 相鉄ビルマネジメント

貸切リゾート列車のワーケーション参加者を募集 ふろしきや

埼玉と大阪で収益店舗ビル2棟取得 TRNインベストメント

スタイルポートのVR内覧システム導入 ヒノキヤグループ

空き家を「物置き」に活用する実証実験に着手 モノオク

野村不HD、初のサステナボンド発行



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社