住宅新報社|モバイルサイト

[2020/8/4]
介護施設を「多世代型シェアハウス」に転用 Hidamari

 シェアハウス事業を展開するHidamari(熊本県熊本市)は、神奈川・茅ケ崎の往診・訪問看護「おざさ医院」の協力でクリニックの隣で運営していた介護施設を、若者から高齢者までが住める「多世代共生型シェアハウスひだまり・辻堂」としてリニューアルした。

 高齢者は体調不良の場合に隣接のクリニックで安心でき、若者の居住者は世代を超えて様々な価値観などと交わる機会を得られる。所在地は神奈川県茅ケ崎市菱沼1丁目地内。


他のニュース

横浜駅至近で新築分譲M、バルコニーもワークスペースに 明和地所

愛知・岡崎の地盤改良企業グループを子会社化 不動テトラ

オンライン暮らし座談会10月に全国展開 BESSのアールシーコア

コロナ対応「非対面」の戸建てホテル完成 エコリフォーム

東北と四国の同業他社を子会社化 ジャパンエレベーターサービスHD

管理会社を譲渡し、電気設備会社を子会社化 エムティジェネックス

長崎市内のホテルを取得 大和ハウスリート投資法人

東京・青梅の延べ6万平米の倉庫取得 野村不動産マスターファンド



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社