住宅新報社|モバイルサイト

[2020/8/4]
住林子会社、AI採用の設計支援システム

 住友林業の100%子会社であるホームエクスプレス構造設計(HM構造設計、本社=東京都新宿区、永崎兵衛社長)は8月1日、構造設計支援サービス「構造エクスプレス」の提供を開始した。ビルダーとプレカット工場を対象顧客とするもので、業界初採用となるAI技術により構造設計業務を最大3営業日で完了することが可能。住宅建築に関わる一連の業務の大幅な効率化、省力化が期待できるとしている。

 ビルダーが3DCADシステム「ARCHITREND ZERO」(福井コンピュータアーキテクト製)により制作する意匠図データを元に、同社オリジナルシステム「HM-EX CAD」のAIが構造計算書、基礎・構造伏図、プレカットCAD連携データ(加工図)、数量(構造材・金物)拾いデータを自動的に生成。それらはビルダー、プレカット工場、同社の間で専用クラウドを通じやりとりされる。


他のニュース

横浜駅至近で新築分譲M、バルコニーもワークスペースに 明和地所

愛知・岡崎の地盤改良企業グループを子会社化 不動テトラ

オンライン暮らし座談会10月に全国展開 BESSのアールシーコア

コロナ対応「非対面」の戸建てホテル完成 エコリフォーム

東北と四国の同業他社を子会社化 ジャパンエレベーターサービスHD

管理会社を譲渡し、電気設備会社を子会社化 エムティジェネックス

長崎市内のホテルを取得 大和ハウスリート投資法人

東京・青梅の延べ6万平米の倉庫取得 野村不動産マスターファンド



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社