住宅新報社|モバイルサイト

[2020/9/28]
東京・青梅の延べ6万平米の倉庫取得 野村不動産マスターファンド

 野村不動産マスターファンド投資法人の資産運用会社である野村不動産投資顧問(東京都新宿区)は、野村不動産から、物流倉庫「Landport青梅2」(東京都青梅市末広町2の9の13)を2020年10月1日に取得する。取得額は146億2000万円。鑑定NOIは年間6億7200万円。建物規模はRC造3階建て延べ約6万3879平方メートル。2020年2月20日に完成した。


他のニュース

親族以外可の「ルームシェア制度」を導入 東京都住宅供給公社

シティラボ東京、ニューノーマルなまちづくりでオンラインゼミ

札幌市内の更地を譲渡へ   レストランのフジタコーポレーション

不動産投資型クラウドファンディングサイト開発 タスキ

拠点集約化で埼玉・草加工場を譲渡へ  光村印刷

借入可能額を把握して、スムーズな住宅購入へ アルヒとiYellが連携

名古屋でリニューアル工事仮囲いを活用したアート作品展示 三菱地所

アバター(仮想分身)が出社するクラウドオフィス提供 OPSION



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社