住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/19]
スーパーシティ構想実現に向けデータ基盤検討 NEC・日立など

 日本電気(NEC)、日立製作所、アクセンチュア(東京都港区)、データ社会推進協議会(東京都港区)は、スーパーシティ構想の実現に向けたデータ連携基盤に関する調査を始める。2021年3月まで、内閣府からの受託事業となり、データ連携基盤の整備に向けてAPI(アプリが連携するための機能)仕様やデータモデルの調査・検討、データ連携に必要な相互運用性(複数システム接続の連携動作)の確保に向けて方策を検討する。

 スーパーシティ構想で中核となるのが地理・空間の情報や、企業などの組織ごとの主体が保有している各種データを連携できる基盤にある。今回の同基盤の構築に向けた検討結果は、2021年春に選定されるスーパーシティエリアで構築される開発者のポータルサイトやデータ連携基盤で活用されることも期待されている。


他のニュース

環境配慮の投資用IoTレジデンス新シリーズを開発展開へ タスキ

首都圏総合は6カ月連続上昇 不動研住宅価格指数20年12月値

オフィスビル・店舗を取得、商業施設は譲渡 タカラレーベン投資法人

空き家リノベで「多拠点居住用住宅」展開へ アドレス・佐賀県武雄市

持株会社体制へ向けて準備始める オープンハウス

「ブランズタワー梅田」が「おおさか優良緑化賞」大阪府知事賞

暮らしを良くするリフォームコンテスト初開催 じげん

愛知県内の物流施設を取得へ 日本ロジスティクス投資法人



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社