住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/19]
耕作放棄地で福祉農業連携の投資型太陽光発電事業開始 エコスマイル

 エコスマイル(名古屋市中区)は、耕作放棄地や遊休地を活用する、投資型の「農福連携土地付き営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)」事業を2021年2月12日から始めた。農地適格法人が主導し、共同による農業を通じ、障がい者の働く場を設け、高齢化の進む農業分野の新たな担い手の確保に期待できる、土地所有者が土地を賃貸もしくは売却し、営農部分は同社と連携している専門の認定営農者が担い、投資家が太陽光発電事業を運用する仕組み。

 ソーラーシェアリング事業では、これまでは農地転用許可の下りなかった農業振興地域などの優良農地でも、太陽光発電システムを建設できるという。同社では地域の土地所有者と提携し、農業委員会への提出書類も対応するため、発電事業者は手間無く太陽光発電の投資ができるようにしている。


他のニュース

環境配慮の投資用IoTレジデンス新シリーズを開発展開へ タスキ

首都圏総合は6カ月連続上昇 不動研住宅価格指数20年12月値

オフィスビル・店舗を取得、商業施設は譲渡 タカラレーベン投資法人

空き家リノベで「多拠点居住用住宅」展開へ アドレス・佐賀県武雄市

持株会社体制へ向けて準備始める オープンハウス

「ブランズタワー梅田」が「おおさか優良緑化賞」大阪府知事賞

暮らしを良くするリフォームコンテスト初開催 じげん

愛知県内の物流施設を取得へ 日本ロジスティクス投資法人



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社