住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/25]
持株会社体制へ向けて準備始める オープンハウス

 オープンハウス(東京都千代田区)は、持株会社体制への移行に向けた準備を始めること、合わせて、移行準備会社として同社100パーセント出資子会社の設立を2021年2月12日に開いた取締役会で決めた。2021年12月に開催予定の定時株主総会の承認などを経て、2022年1月をめどに新体制に移行する。

 同社が上場を維持しながら持株会社体制に移行し、更なる企業価値の向上と、持続的成長の達成を支える経営基盤を整えるのが目的となる。


他のニュース

7月に浅草で5店目の「ホテルココネ」開業、予約開始 トーセイG

体験型グランピング施設を徳島県小松島市に開業 中山建設

群馬県藤岡市でマルチテナント型物流施設を着工 大和ハウス工業

伊藤忠都市など「クレヴィアシティ西神中央」モデルルーム優先案内会

アバター(分身)が出社するクラウドオフィスに新機能 OPSION

健康効果でシンポ 「木のいえ一番協会」がユーチューブ配信

パッシブタウン第4街区、保育施設建築でZEB実現へ YKK不動産

東京都心・大規模オフィスの空室率が2%台に 三幸エステート調べ 



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社