住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/25]
空き家リノベで「多拠点居住用住宅」展開へ アドレス・佐賀県武雄市

 全国で定額制多拠点コリングサービスを提供するアドレス(東京都千代田区)は、佐賀県武雄市内の空き家を、多拠拠点用住宅「ADDress武雄の家(武雄A邸)」として再生し、2021年2月12日に提供を開始した。2020年度に佐賀県武雄市が創設した「多拠点居住促進補助事業」で採択された事業で、地方自治体との多拠点居住の連携モデルは全国初という。

 新たな交流を生み出し、地域や、地域の人と交流する「関係人口」を創出して地域を活性化するのが狙い。同市内の物件所有者を対象に、「多拠点居住用」としての利用を前提として物件を公募し、リノベーションして再生した。今回をモデル事業として今後も展開していく計画で、リノベーション費用は同市が一部を補助し、アドレスがサブリース契約を結ぶ。物件所有者は毎月定期的な家賃収入を得られる。


他のニュース

7月に浅草で5店目の「ホテルココネ」開業、予約開始 トーセイG

体験型グランピング施設を徳島県小松島市に開業 中山建設

群馬県藤岡市でマルチテナント型物流施設を着工 大和ハウス工業

伊藤忠都市など「クレヴィアシティ西神中央」モデルルーム優先案内会

アバター(分身)が出社するクラウドオフィスに新機能 OPSION

健康効果でシンポ 「木のいえ一番協会」がユーチューブ配信

パッシブタウン第4街区、保育施設建築でZEB実現へ YKK不動産

東京都心・大規模オフィスの空室率が2%台に 三幸エステート調べ 



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社