住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/19]
鉄道ホーム上に「シェアオフィス」設置事業展開へ JR東日本 

 JR東日本は、利用客の新しい働き方のニーズに対応し、東京の三鷹駅(上り・下り)と西国分寺駅の鉄道ホーム上3カ所にシェアオフィス「STATION DESK」を開設する。シェアオフィスは都市部から最近ではより身近な場所で確保したい需要に応えて住宅地にまで広がりつつあるが、鉄道ホーム上に設置するのは全国初という。

 西国分寺駅は2021年2月25日に、三鷹駅では2021年3月25日にそれぞれ開設する。ウェブ会議などに使える完全個室「CUBE」や、ハイパーティション型の半個室「SHELTER」で構成し、個人会員と法人会員になり利用できる。利用料金は15分当たり250円(税抜き)。利用時間は午前7時30分から午後9時まで。

 同社では、シェアオフィス事業「STATION WORK」を立ち上げて2023年度までに、駅ナカやホテル、フィットネスジム、コンビニエンスストア、カフェなどの一部空間を活用して1000カ所の展開を計画しており、その一環となる。


他のニュース

環境配慮の投資用IoTレジデンス新シリーズを開発展開へ タスキ

首都圏総合は6カ月連続上昇 不動研住宅価格指数20年12月値

オフィスビル・店舗を取得、商業施設は譲渡 タカラレーベン投資法人

空き家リノベで「多拠点居住用住宅」展開へ アドレス・佐賀県武雄市

持株会社体制へ向けて準備始める オープンハウス

「ブランズタワー梅田」が「おおさか優良緑化賞」大阪府知事賞

暮らしを良くするリフォームコンテスト初開催 じげん

愛知県内の物流施設を取得へ 日本ロジスティクス投資法人



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社