住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/19]
東京建物 感染症対策として自社オフィスで空気の流れの可視化実験

 東京建物とピクシーダストテクノロジーズ(東京都千代田区、PXDT)は、新型コロナウイルス対策として、東京建物の本社ビルへPXDTのコロナ対策のBCPソリューションmagickiri(マジキリ)を導入する。同社とPXDTが共同で行う取り組みの第2弾。同社は今後、開発するオフィスビルにおいても導入を検討し、感染リスクの低いフロアプランを用意するなど、入居テナントへ提案することも計画している。
 マジキリを利用して、オフィスビルにおける空気の流れを可視化することで、感染症安全性を評価、改善する取り組みを共同で実施する。「東京建物八重洲ビル(2階)」(東京都中央区)へ導入し、自らのオフィスにおいて空気の流れを可視化して「感染症への安全対策」の検証を行う。


他のニュース

環境配慮の投資用IoTレジデンス新シリーズを開発展開へ タスキ

首都圏総合は6カ月連続上昇 不動研住宅価格指数20年12月値

オフィスビル・店舗を取得、商業施設は譲渡 タカラレーベン投資法人

空き家リノベで「多拠点居住用住宅」展開へ アドレス・佐賀県武雄市

持株会社体制へ向けて準備始める オープンハウス

「ブランズタワー梅田」が「おおさか優良緑化賞」大阪府知事賞

暮らしを良くするリフォームコンテスト初開催 じげん

愛知県内の物流施設を取得へ 日本ロジスティクス投資法人



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社