住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/22]
LAHD中計を策定 3年間で経常利益2.5倍へ

 ラ・アトレの持ち株会社として20年7月に設立したLAホールディングスは23年12月期を最終年度とする中期経営計画を策定した。既存のコア事業の拡充と新規事業の創出によって、3年間で売上高207億円(20年12月期比50.5%増)、営業利益28億円(同149.1%増)、経常利益25億円(同155.6%増)、純利益17億円(同161.5%増)を目指す。
 コア事業のうち、賃貸レジデンスや分譲マンションなど住宅系の開発では、ライフスタイルの多様化に対応した住宅を開発することで、新たな価値創出を図り、独自のポジション構築を目指す。商業系ビルの開発では、現在進行中の成城学園前や下高井戸のほか、ポテンシャルの高いエリアに注力することで差別化を図る。不動産賃貸事業では、毎年10億円を上積みし、資産残高100億円超を目指す。
 また、再生可能エネルギー事業への参入や、自己資金及びファンド組成による新規事業投資を計画。新規事業投資は、(1)九州エリアの成長著しいスタートアップ企業、(2)事業承継を検討中の企業、(3)再編を求める企業を投資対象とすることで、事業領域の拡大を図る。
 同社の20年度は、売上高137億5700万円(ラ・アトレとの前年度比17.9%増)、営業利益11億2400万円(同50.7%減)、経常利益9億7800万円(同51.9%減)、当期純利益6億5000万円(同52.9%減)の増収減益だった。


他のニュース

環境配慮の投資用IoTレジデンス新シリーズを開発展開へ タスキ

首都圏総合は6カ月連続上昇 不動研住宅価格指数20年12月値

オフィスビル・店舗を取得、商業施設は譲渡 タカラレーベン投資法人

空き家リノベで「多拠点居住用住宅」展開へ アドレス・佐賀県武雄市

持株会社体制へ向けて準備始める オープンハウス

「ブランズタワー梅田」が「おおさか優良緑化賞」大阪府知事賞

暮らしを良くするリフォームコンテスト初開催 じげん

愛知県内の物流施設を取得へ 日本ロジスティクス投資法人



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社