住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/25]
オフィスビル・店舗を取得、商業施設は譲渡 タカラレーベン投資法人

 タカラレーベン投資法人の資産運用会社であるタカラPAG不動産投資顧問(東京都港区)は、オフィスビル「代々木一丁目ビル」の信託受益権をサンケイビル(東京都千代田区)から2021年4月30日に、店舗「イオンスタイル尾道(底地)」をスポンサー企業のタカラレーベン(東京都千代田区)から2021年3月1日にそれぞれ取得し、また、商業施設「AlmostBlue」の信託受益権を準共有持分に分けて2回にわたり全体を2021年3月19日までに国内の特別目的会社へ譲渡することで、資産の入れ替えを行う。

 取得する「代々木一丁目ビル」の建物規模はS造5階建て延べ約823平方メートル。所在地は東京都渋谷区代々木1の27の6の敷地約221平方メートル。「イオンスタイル尾道(底地)」の建物規模はS造平屋4739平方メートル。所在地は広島県尾道市天満町17の50の敷地約1万1883平方メートル。

 一方、譲渡する「AlmostBlue」の総賃貸面積は約1931平方メートル。所在地は東京都港区南青山6の4の6。


他のニュース

7月に浅草で5店目の「ホテルココネ」開業、予約開始 トーセイG

体験型グランピング施設を徳島県小松島市に開業 中山建設

群馬県藤岡市でマルチテナント型物流施設を着工 大和ハウス工業

伊藤忠都市など「クレヴィアシティ西神中央」モデルルーム優先案内会

アバター(分身)が出社するクラウドオフィスに新機能 OPSION

健康効果でシンポ 「木のいえ一番協会」がユーチューブ配信

パッシブタウン第4街区、保育施設建築でZEB実現へ YKK不動産

東京都心・大規模オフィスの空室率が2%台に 三幸エステート調べ 



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社