住宅新報社|モバイルサイト

[2021/2/25]
環境配慮の投資用IoTレジデンス新シリーズを開発展開へ タスキ

 不動産テックを活用した新築投資用IoTレジデンスを企画開発するタスキ(東京都港区)は、環境に配慮したIoTレジデンスの新シリーズとして開発した「タスキSmart」の第1弾物件となる「タスキSmart不動前」(東京都品川区西五反田5丁目地内)を2021年3月15日に竣工する。家具・家電付きでスマートシステムの導入など先端テクノロジーを標準装備し、環境負荷低減の観点を重視するカーボン・ニュートラルの実現を視野に入れた仕様が特長となる。

 満室時の表面利回りは約4・5パーセント、年間収益は管理費を含めて1305万6000円と想定している。東急目黒線「不動前」駅から徒歩2分に立地する。今後、同社は同シリーズの開発に際して、太陽光パネルの設置や、防災に備えた蓄電池の登載なども予定している。


他のニュース

7月に浅草で5店目の「ホテルココネ」開業、予約開始 トーセイG

体験型グランピング施設を徳島県小松島市に開業 中山建設

群馬県藤岡市でマルチテナント型物流施設を着工 大和ハウス工業

伊藤忠都市など「クレヴィアシティ西神中央」モデルルーム優先案内会

アバター(分身)が出社するクラウドオフィスに新機能 OPSION

健康効果でシンポ 「木のいえ一番協会」がユーチューブ配信

パッシブタウン第4街区、保育施設建築でZEB実現へ YKK不動産

東京都心・大規模オフィスの空室率が2%台に 三幸エステート調べ 



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社