住宅新報社|モバイルサイト

[2021/4/28]
ダイキンと協業、分譲マンションで空気環境改善へ 日鉄興和不

 日鉄興和不動産は4月27日、分譲マンション3物件でダイキン工業との協業により空気環境の総合プロデュースを図る実証実験を開始したことを発表した。「くうきを整えて、健康に過ごせるお家」を目指すというコンセプトで、今後の分譲マンションにおける空気環境の改善につなげる狙い。
 今回の実証実験は、日鉄興和不が他社との協業により“次世代の暮らし”を開発・実装するための取り組み「Co-Creation BASE」(通称・コクリバ、20年4月開始)の新規事業として、21年4月9日に立ち上げたプロジェクトの一環という位置付け。同社が東京都内で開発した「リビオ」シリーズマンション3物件の一部の専有部分において、ダイキンのルームエアコンと空気清浄機、CO2濃度可視化センサーを設置し、それぞれの稼働データ等を蓄積。入居者へのヒアリングと併せ、空気環境の観点から健康的な居住空間づくりを検討し、継続的な改善を進めていく方針だ。


他のニュース

4月中古マンション成約数、倍増以上に コロナ禍の反動で 東日本レインズ

東京・Aグレードオフィス空室率1.9%に JLL調べ

スマートオフィスのサービスでスマートロック連携 ACALL

800棟のマンション管理にDX導入 明和地所・明和管理

グローバルエージェンツ、ソーシャルアパート48棟目を川崎市で

ライフル 6月9日に?新しい働き方・暮らし方?学ぶオンラインイベント

不動産仲介支援「プロポクラウド」、新築戸建てに対応 ハウスマート

NTTアーバン、街づくり新会社2社設立



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社