住宅新報社|モバイルサイト

[2021/4/28]
不動産テック事業に新規参入、OYOの事業譲受 霞ヶ関キャピタル

 不動産コンサルティングの霞ヶ関キャピタル(東京都千代田区)は、不動産テック事業に新規参入した。これに合わせ、新たに連結子会社として不動産テック事業を手掛けるKC Technologies(同住所)を21年3月に設立し、その戦略的な取り組みの第一弾として、OYO Japan(東京都千代田区)の一部事業のオンライン不動産賃貸事業を21年6月1日付で事業承継する。

 新会社は、霞ヶ関キャピタルが70%の株式を持ち、株主としてOYO Japanのほか、鍵管理のIoTサービスなど提供のKeeyls(東京都渋谷区)、不動産アドバイザリー事業のプロフィッツ(東京都千代田区)が参画する。

 なお、OYO Japanは今後、ホテル事業を中核に位置付け、大きく事業転換していく。


他のニュース

4月中古マンション成約数、倍増以上に コロナ禍の反動で 東日本レインズ

東京・Aグレードオフィス空室率1.9%に JLL調べ

スマートオフィスのサービスでスマートロック連携 ACALL

800棟のマンション管理にDX導入 明和地所・明和管理

グローバルエージェンツ、ソーシャルアパート48棟目を川崎市で

ライフル 6月9日に?新しい働き方・暮らし方?学ぶオンラインイベント

不動産仲介支援「プロポクラウド」、新築戸建てに対応 ハウスマート

NTTアーバン、街づくり新会社2社設立



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社