住宅新報社|モバイルサイト

[2021/4/30]
太陽光発電、設置者の9割が「満足」 一条工務店調べ

 一条工務店はこのほど、10代以上の男女2947人を対象に、オンラインで「太陽光発電と家庭の電気料金に関する意識調査」を実施した。それによると、コロナ禍に直面したこの1年間で週1回以上のテレワークを実施した人は812人で、全体の約3割となった。在宅時間が増えたことによる電気代の増減(前年比)については、全体の半数以上が「電気代が増えた」と回答。テレワーク実施者(812人)に限るとその割合は約8割となった。

 また、太陽光発電と蓄電池の両方または太陽光発電のみ設置している人(909人)に、太陽光発電の設置の満足度を聞くと、9割以上が「満足している」と回答。その理由として、「売電収入がある」「停電時に安心」などが挙げられた。

 一方、太陽光発電を設置していない人(611人)にその理由を聞くと、「設置費用が高い」「将来のメンテナンス費が不安」などの回答が上位を占めた。ただ、この未設置者のうち、「設置を検討中」と回答したのは28.6%、「これから検討」は20.6%に上り、合計すると約5割の人が設置に向けて前向きな意向を示していることが分かった。


他のニュース

4月中古マンション成約数、倍増以上に コロナ禍の反動で 東日本レインズ

東京・Aグレードオフィス空室率1.9%に JLL調べ

スマートオフィスのサービスでスマートロック連携 ACALL

800棟のマンション管理にDX導入 明和地所・明和管理

グローバルエージェンツ、ソーシャルアパート48棟目を川崎市で

ライフル 6月9日に?新しい働き方・暮らし方?学ぶオンラインイベント

不動産仲介支援「プロポクラウド」、新築戸建てに対応 ハウスマート

NTTアーバン、街づくり新会社2社設立



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社