住宅新報社|モバイルサイト

[2021/4/30]
西武鉄道、西武プロパ ひばりヶ丘駅ナカ商業施設を今夏拡大

 西武鉄道と西武プロパティーズは、今夏、西武鉄道池袋線ひばりヶ丘駅の駅ナカ商業施設「エミオひばりヶ丘」をスケールアップオープンする。

 ひばりヶ丘駅は、1日平均の乗降客数が約7万4000人の急行停車駅。19年3月に行政主体による駅北口ロータリーが整備されバス交通の輸送力が向上、20年12月には駅舎改修工事により、旅客トイレ、南口エスカレーターなどの改修が完了した。

 駅を起点に一体的に進められてきた「エミオひばりヶ丘」のリニューアル工事においては、線路上空へ人工地盤を築くことで既存の施設面積から約7割増床した。


他のニュース

4月中古マンション成約数、倍増以上に コロナ禍の反動で 東日本レインズ

東京・Aグレードオフィス空室率1.9%に JLL調べ

スマートオフィスのサービスでスマートロック連携 ACALL

800棟のマンション管理にDX導入 明和地所・明和管理

グローバルエージェンツ、ソーシャルアパート48棟目を川崎市で

ライフル 6月9日に?新しい働き方・暮らし方?学ぶオンラインイベント

不動産仲介支援「プロポクラウド」、新築戸建てに対応 ハウスマート

NTTアーバン、街づくり新会社2社設立



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社