住宅新報社|モバイルサイト

[2021/4/30]
JR東日本 不動産投資顧問会社を設立、リート組成の検討も

 JR東日本は4月28日、ジェイアール東日本ビルディング、みずほフィナンシャルグループと共に、不動産アセットマネジメント事業の開始に向けて「JR東日本投資顧問株式会社」を設立した。
 新会社の資本金は3億円。株式比率はJR東日本が50.2%、ジェイアール東日本ビルディングが40.0%、みずほ銀行が4.9%、みずほ信託銀行が4.9%となる。
 JR東日本は投資顧問会社の設立により、ファンドに同社グループの開発・所有物件を組み入れる。獲得した資金を成長分野に再投資し、資金効率を向上させる方針だ。また、同社はみずほFGと連携して私募ファンドの組成・運用を行っているが、今後は新会社の事業展開を通じて私募ファンド組成を加速化させ、数年後には1000億円規模への拡大を目指す。同時に不動産投資法人「(仮)JR東日本リート」の組成も検討していく。


他のニュース

4月中古マンション成約数、倍増以上に コロナ禍の反動で 東日本レインズ

東京・Aグレードオフィス空室率1.9%に JLL調べ

スマートオフィスのサービスでスマートロック連携 ACALL

800棟のマンション管理にDX導入 明和地所・明和管理

グローバルエージェンツ、ソーシャルアパート48棟目を川崎市で

ライフル 6月9日に?新しい働き方・暮らし方?学ぶオンラインイベント

不動産仲介支援「プロポクラウド」、新築戸建てに対応 ハウスマート

NTTアーバン、街づくり新会社2社設立



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社